DONGURIKAIGIURADOはんみょう_TOPCPDS

 「GoogleDriveのホルダー構成の統一ルール」

 20200527公開


1 統合したGoogleDriveは「シシンデラ」の愛称で呼ぶこと。 

(1)契約容量は2テラである。


2 点検対象物一件に対してひとつの専用ホルダーをもうける。ホルダーの引越しや削除時の重要な留意! 

(1)以下の変更を加えても、そのホルダ特有のURLは変わらないため、関連付けられたWEBページの修正は生じない。
   ア ホルダー名の変更
   イ ホルダーの引っ越し。また、階層を変えても変わらない。
   ウ 異なったアカウント間で、オーナー変更の手法でのホルダーの引っ越し。

(2)以下の変更はURLが変更となるため、関連付けられていたWEBページとの連系は破棄される。【要注意の行為】
   ア ホルダーを削除し、同名称でホルダーを復元した場合

3 オーナーとは? 

(1)Googleドライブのオーナーとは【所有者】で あり、ドライブ上のデータはオーナーの容量を使う。
オーナーは1ユーザーのみで、作成したユーザー、アップロードしたユーザーがなる。
共有フォルダの持ち主ではなく、データをアップロードした人がオーナーとなることに注意が必要である。
(例えば友達の共有フォルダにアップロードした場合、オーナーは友達ではなく自分。自分の容量が使われる。)

(2) 自分のGoogleドライブを共有し、他ユーザーにオーナー権限を与えることがでる。(オーナーの変更)
ただし、オーナーはそのフォルダのアクセス権を変更できる ようになるため、
自分のフォルダであったにも関わらず、自分がアクセスできなくなる可能性もある。

(3)無料のGoogleアカウントでオーナーを変更できるのはフォルダやGoogleドキュメント等だけで、
画像ファイルや動画ファイルのオーナー権限は変更できない。(つまり容量は変更できない。)

(4)オーナーが削除した場合
オーナーのゴミ箱に入る。
ゴミ箱に入っている間は、オーナーも共有者も【履歴】からそのファイルを開くことがでる。
履歴にアクセスするには共有フォルダを開き「履歴」に表示されているファイル名をクリックする。
この時、コピーの作成を促され、コピーがマイドライブに作成されると、作成したユーザーがオーナーになる。
尚、オーナーはゴミ箱から復元も可能で、完全に削除も可能である。
完全に削除すると誰も復元はできない。


4 シシンデラのホルダー構成とその命名ルール

 
Google
アカウント
愛称
マイドライブ
第1階層
第2階層 第3階層 第4階層  第5階層
(各個票の階層)
第6階層 
シシンデラ 05_TMG 602_periodic_patrol 602_0036 602_0036_d010_橋梁 01_北広09_島松沢橋(下り) 01_??? 
01_北広10_島松沢橋(上り)  
602_0036_d020_橋側歩道橋 ←この路線に対象が無いため作成しない。  
602_0036_d030_横断歩道橋 01_北広02_大曲横断歩道橋  
以下略  
602_0337 602_0036_d010_橋梁  
以下略  
602_1337 602_0036_d010_橋梁  
以下略  
 
06_HRM 602_periodic_patrol 602_0453 602_0036_d010_橋梁  
以下略  
 
07_TS 602_periodic_patrol 602_0274 602_0036_d010_橋梁  
以下略  
602_0337 602_0036_d010_橋梁  
以下略  
 
09_KKT 602_periodic_patrol 602_0276 602_0036_d010_橋梁  
以下略  

《関連情報》